映像のまち推進課からロケ情報や映画公開情報などをお知らせ。

「午前十時の映画祭11 デジタルで蘇る永遠の名作」ユナイテッド・シネマアシコタウンあしかがで開催中!

1年間お待たせしました。
「午前十時の映画祭」が帰ってきました。珠玉の傑作映画を再び劇場で!


 
特に素晴らしい傑作娯楽映画を選び、全国の映画館で1年間にわたって連続上映する「午前十時の映画祭」。
2020年3月に10年の歴史に一旦幕を閉じましたが、ファンの皆様の閉幕を惜しむ声や熱い思いに後押しされ、
「午前十時の映画祭11」として再開することが決定いたしました。
この10年間、映画館を取り巻く環境も大きく変化しました。
再開にあたり、本映画祭をより長く維持するために、上映開始時間や鑑賞料金が変更となります。
上映開始時間を10時からと限定せず【午前中開映】とし、鑑賞料金とあわせて劇場ごとの設定となりました。
「午前十時」と銘打ちながらも開映時間が変わりますこと、あらかじめご了承ください。
ご鑑賞前には各劇場公式サイトなどでご確認をお願いいたします。
ロマンチック特集から男たちの熱き闘い、魅惑の音楽特集まで。幅広いラインナップで初上映22作品を含む、選りすぐりの傑作27作品を上映します。
「午前十時の映画祭11」の何度見てもすごい傑作映画を、映画館という最良の環境で心ゆくまでお楽しみください。

【開催期間】
2021年4月2日(金)〜2022年3月31日(木)の全52週間
 
【開催劇場】
ユナイテッド・シネマアシコタウンあしかがほか全国63か所の映画館・シネマコンプレックス
 
【上映時間】
午前中スタート
※各劇場、各作品により上映開始時間が変わります
※ご鑑賞になる前に、各劇場にお問合せいただくか、各劇場公式サイトをご確認ください
 
【上映期間】
全作品基本2週間上映
※作品によっては1週間上映の場合もございます
 
【上映作品】
上映作品全27作品(一覧はコチラから)
・外国映画の新セレクト作品/19本
・日本映画の新セレクト作品/3本
・これまで映画祭で上映した外国映画作品/4本
・これまで映画祭で上映した日本映画作品/1本
 
【鑑賞料金】
各劇場により鑑賞料金が変わります。
※各劇場にお問合せいただくか、各劇場公式サイトをご確認ください
 
【作品選定委員】
襟川 クロ氏/映画パーソナリティ
戸田 奈津子氏/映画字幕翻訳者
町山 智浩氏/映画評論家、コラムニスト
武田 和氏/公益財団法人 川喜多記念映画文化財団 代表理事
 
【実施体制】
<主 催>
公益財団法人 川喜多記念映画文化財団
一般社団法人 映画演劇文化協会
<運 営>
「午前十時の映画祭」実行委員会

  • 一覧に戻る